先生

適応力のある病

ストレスと体

悩み

心身症はストレスが大きく関係していると言われていますが、心身症にかかる人は一見すると社会的な適応力も高く、かかっている本人ですら症状に気づかないこともしばしばみられます。そのために身体の特定の器官に異常が出て、その病気で医療機関を受診したら、その病気の原因にストレスが関わっており、心身症でもあったと判明することもあります。そんな心身症によって発症する有名な病名は胃潰瘍や十二指腸潰瘍で、他にも気管支ぜんそくやアトピーなどの皮膚疾患など、体中のどの器官にも異常が出る可能性はあります。また失感情言語症を患っているケースも多くみられますが、医療機関ではこれといった特別な指標がないために、現段階ではまずは病変の出ている病気を治療してから、心身症が見られた場合にはそちらも改善させるといったことが基本です。このように判断や定義が難しい上、他の精神疾患とは特徴が異なっているために、今後はもっと画期的な治療法や定義の確立なども期待されており、さらに病気になりやすい病前性格などの研究も積極的に進行していることから、今後はその知名度も高まり、医学界だけでなく一般的にも正しい情報の認識度が高まることが予測されます。

見られる特徴と対処

心身症の特徴として、基本的に身体的な症状による訴えが多く、身体の特定の器官に出る異常によって気づきやすいと言われています。それゆえにそちらの病気での治療中にストレスによる心身症が原因になっていることに初めて気づくといったことなども見られ、またそういった他の病気とともに失感情言語症を患っていることで、その裏に心身症が隠されていたことが分かるといったケースもあります。ちなみに失感情言語症については、心理的葛藤や感情の表現を言語化することが困難だったり、喜怒哀楽といった情動を感じることが少なく、他人とのコミュニケーションも事務的かつ形式通りな対応しかできないなどといった特徴があります。そしてまずは心身症によって発症した病気の方を優先的に治療することが基本となっていますが、その後に医学療法とともに心理療法や向精神薬などで治療にあたることが一般的です。もっとも一般的な治療での改善が難しかったり、疾患のコントロールができないようなケースでは、専門医である心療内科などで診療を受けるようにしましょう。また医療機関での治療だけでなく、セルフケアとして規則正しい生活リズムをつくって実行したり、ストレス発散方法などを見つけることも大切です。