先生

心を平穏に保つための方法

上手なストレスの解消法

悩み

人間にはそれぞれの生い立ちがあるのと同じで、性格も千差万別です。明るい性格の人もいれば暗い性格の人もいます。どちらが悪いとか良いではなく、生きていくためには自分の性格を認めることが必要なのです。自分の性格を認めるということは、自分の性格に合った仕事なり勉強なりをすることにつながります。最近増えている心身症というのは、自分の性格が社会に受け入れられなくてストレスになり、それが原因で起こるケースが多いのです。自分の性格を抑えて無理に社会に合わせようとすると、心に歪みが溜まります。それが心身症を引き起こすのです。心身症にならないようにするためには性格を変えるのではなく、無理をして社会に合わせようとしないことです。心身症になる人は性格的に繊細な人が多いのです。ストレスにぶつかった時、上手に解消できないから溜まってしまうのです。そのような時の対処法としては、ネット上にある心身症のためのサイトを利用することです。このようなサイトが人気なのは、同じ体験を共有できるからです。心身症と限定しなくても、ネット上にはストレスを抱えている人のための人気サイトが色々あります。そこに寄せられる体験談を読むだけで、心の持ちようが変わってきます。苦しい時は誰かに相談をするのがいいのですが、相談相手がいない時はこのような人気サイトを覗くだけでも効果はあります。

ストレス予防のための工夫

心身症になりやすい人には色々なケースがあります。精神的なストレスに弱い場合もあれば、仕事で頭を使いすぎて脳疲労を起こす場合、睡眠不足などでも起こる場合があります。このような傾向が強い人は、あらかじめ予防措置を工夫することが大事です。例えばサプリを服用することです。心の不安解消や緊張をほぐす成分として有名なのが、セロトニンです。セロトニンというのは脳内物質の中で重要な役割を果たしているホルモンで、幸福ホルモンとも呼ばれています。これが含まれているサプリを飲むことで、ストレスに負けない精神状態を保つことができます。ストレスで心身症になる人の場合、食生活が影響していることがあります。偏食が多かったり不規則な食事習慣があると、栄養バランスが崩れて自律神経が乱れます。心身症の発症を予防するには食生活を変えていく工夫が必要です。例えば1日3食必ず食べるようにすることです。食欲を満たすことはストレス解消になります。ただし栄養のバランスが取れた食事をすることが大切です。一度に食生活を変えるのは無理が生じて、それがストレスになることもありますから、毎日少しずつ改善していく工夫が必要です。誰にもふと心が弱くなることはあります。それを素直に認め、次のエネルギーが湧くまでのんびりと過ごせる余裕があれば心身症を防ぐことができます。